↑↓重要美術品 赤壁図屏風 長沢芦雪筆日本・江戸時代 18世紀 ※作品はすべて根津美術館所蔵作品


↓右:源氏物語画帖「花宴」左:源氏物語画帖「賢木」伝 住吉具慶筆 日本・江戸時代17世紀
近世の作品の中から水墨と白描で描かれた作品でその深い魅力を紹介する展覧会。水墨画は、中国・唐代に現れた墨の濃淡だけで描かれた絵画の技法で、日本でも奈良時代に墨が伝来すると徐々に絵画の世界に広がった。特に近世の
安土桃山時代に全盛期を迎え、画家たちは墨を用いて趣向や技巧を凝らし、個性豊かな作品を残している。
本展覧会のテーマにもなったように墨で描かれる絵画は、水墨と白描と大きく二つに分けることができる。

墨の濃淡や暈(ぼか)し、抑揚のある描線を駆使し、着彩されていても墨が主、色が従のものは「水墨画」に含まれることが多い。一方、白描には彩色はなく、白い紙に墨の線のみで描かれる。
本展覧会では、この水墨と白描、その表現の魅力を所蔵作品の中から日本近世の作品で構成している。本展では、この水墨と白描、その表現の魅力を所蔵作品の中から日本近世の作品で紹介する。展示作品は、中国の詩人・蘇軾(そしょく)が長江の名勝で遊ぶ様子を描いた長沢芦雪(ながさわろせつ)の右隻、左隻一の赤壁図(せきへきず)屏風、はっきりとし
←↑鷲鷹図屏風 曾我宗庵筆 日本・江戸時代17~18世紀
た墨の濃淡で鷲と鷹を力強く描いた曾我宗庵(そがそうあん)の『鷲鷹図(わしたかず)屏風』を中心とする水墨画、
↑納涼図 冷泉為恭筆 日本・江戸時代19世紀
白描では、江戸時代前期の絵師住吉具慶(すみよしぐけい)が源氏物語の名場面をもとに描いたとされる《源氏物語画帖》の右隻、左隻の一対に江戸・幕末期の
復古大和絵の絵師、冷泉為恭(れいぜいためちか)が3人の親子(?)が泉殿で涼むのどかな様子を白地に墨筆で流麗な動きやニュアンス加えて表現した『納涼図』ほか墨の魅力が堪能できる作品群を紹介している。
本展覧会より入館の日時指定予約制を導入している。残念ながら予約なしにふらりと訪れても入館できないことがあるので
→美術館ロビー ※紹介の作品はすべて根津美術館所蔵作品
必ず予約手続きを。詳細などは美術館サイトで確認を。
『企画展 モノクロームの冒険日本近世の水墨と白描』根津美術館(港区・南青山) 開催期間:2020年9月19日(土)~11月3日(日) 開催場所:根津美術館 展示室1・2 休館日:毎週月曜日 9月21日(月・祝)除く毎週月曜日、9月23日(水) 開館時間:10:00~17:00 ※入館は16:30まで 入場料:一般1100円 学生800円 *20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料  アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線〈表参道〉駅下車  A5出口(階段)より徒歩8分 B4出口(階段とエレベータ)より徒歩10分 B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分 公式サイト:http://www.nezu-muse.or.jp