日本のアーティストで世界的に名の知られる一人が葛飾北斎。宝暦10年(1760)江戸本所に生まれ、嘉永2年(1849) 数え年90歳という長寿で死去した。生涯で引っ越しすること90回以上(回数が確認できる正確な資料はないが、おおよそ…)、画号を変えること20数回、掃除はせず、食べものや金銭に頓着なく終生を絵画一筋に励んだ。北斎といえばともすればこうした奇行に目を向けてしまう。しかしながらその画業は、洋画を含むさまざまな画法を学び、すぐれた描写力と大胆な構図を特色とする独自の様式を確立した。まぎれもなく浮世絵界の巨星である。
この北斎に孫弟子も含め200人にも及ぶ弟子がいたことはあまり知られていない。浮世絵研究の先駆者で江戸末期から明治を生きた飯島虚心(いいじまきょしん)は北斎の伝記『葛飾北斎伝』を著わしたが、その中で「北斎翁門人多し、然れども自教授することを好まず、其の門人たらんを請ふものあれは、自画きし刻板の画手本を出たし、先つ画かしめ、そここゝと短所を指して、
教へたるのみ、されと門人中に名手を出たす多し」と記している。つまり、北斎は弟子に手取り足取りをして教えるよりも、『北斎漫画』のような出版物を絵手本に学ばせ、描かせては拙い部分を指摘して教えたのだという。
本展はこの巨大な師匠と弟子が同じテーマで描いた作品を比較して考証する企画展。画題を、第1章:人物、第2章:風景、第3章:動物、第4章:エトセトラ(1・2・3章に入らないモティーフ)と分け、各章で師弟対決を展開する。第1章の北斎と娘・応為の対決は手仕事をする女性像だ。北斎は「春興五十三駄之内 白須賀」で柏餅をつくる女性を、応為は『女重宝記(おんなちょうほうき)』四 「女ぼう香きく処」の挿絵で線香をつくる女性を描いている。ともに似た構図でありながら指先・手先に表現の違いが読める。第2章では滝や波の表現を北斎と魚屋北渓の作品で比較展示され(波の表現は後期(3月10日~4月5日)、第3章の動物のテーマの展示では『北斎漫画』のねこに似せた図様が表現された北渓『北里十二時(ほくりじゅうにとき)』、応為『山水花鳥早引漫画(さんすいかちょうはやびきまんが)』が対応している。
↑二代葛飾載斗『花鳥画伝』初編 可奈阿利(前期)
本展は北斎と弟子という関係を足場に多くの作品を並べて比較しているのだが、 こうした企画の取り上げ方は斬新で注目に値する。巨大な師匠を前に自らの画道を探索する弟子の姿も知ることができる好企画といえよう。
また、このすみだ北斎美術館では、7つのエリアで構成された常設展がみられる。様々な方向から北斎と周辺の画家たちを考証する企画展に対し、このエリアでは、北斎の初期から晩年までの生涯や画業の変遷が、文字通り常時展示、
↑「北斎のアトリエ」再現模型/展示室内(AURORA)
解説されている。『北斎漫画』などの絵手本をタッチパネルモニタで紹介された「北斎絵手本大図鑑」、高精細画面モニタでの錦絵鑑賞、錦絵の制作工程が映像も交えてみられるコーナーのほか、北斎と娘応為の人形や模型などで「絵師のアトリエ」が創られている。江戸時代の絵師(北斎)のたたずまいなどが思い起こされ、とても興味深い。本展覧会鑑賞の上でも大きな助けなるのではないだろうか。※本展(企画展)は前期・後期で一部展示替有◆本サイトの画像に映る会場内の作品著作権は、すみだ北斎美術館にあります。また場内の風景、展示状況などを含む取材画像の無断転載は固く禁じます。
『北斎師弟対決!』 すみだ北斎美術館(墨田区・亀沢) 会期:2020年2月4日(火)~4月5日(日) ※前期:2月4日(火)~3月8日(日) 後期:3月10日(火)~4月5日(日) 会場:すみだ北斎美術館(東京都墨田区亀沢2-7-2) 開室時間:9:30~17:30 入館は閉館の30分前まで 休館日:毎週月曜 ※ただし2月24日(月・振替休日)は開館、2月25日(火)は休館 観覧料:一般1000円 高校生・大学生700円 65歳以上700円 中学生300円 障がい者300円 小学生以下無料 割引:身体障がい者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障がい者保険福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は障がい者料金でご覧いただけます交通:都営地下鉄大江戸線両国駅A3出口から徒歩5分、JR総武線両国駅東口から徒歩9分、JR総武線錦糸町駅北口から墨田区内循環バスで5分 問合せ:すみだ北斎美術館☎03-6658-8936 特設WEBサイト:https://hokusai-museum.jp/taiketsu/ 主催:墨田区・すみだ北斎美術館